アナフィラキシーショックについて|スズメバチ駆除の業者の選び方

電話する作業員

むやみやたらに接近禁止

悩む女性

私達が生活している街の中には、さまざまな害虫が潜んでいます。害虫は人に害を及ぼす虫のことでキイロスズメバチも含まれています。本来は自然を好んで、森や林の中で巣を作るキイロスズメバチですが、近年は自然環境が徐々に減少していることから住宅街に多く現れるようになったとされています。温厚な性格のミツバチと異なって、キイロスズメバチは非常に危険な性格です。巣に被害が及ばずとも、巣の近くにいる人に襲い掛かるケースも少なくありません。キイロスズメバチは、巣の中で生息している女王バチや幼虫を守る為に巣に対する警戒心がとても強いのです。猛毒を備えた針で刺されてしまうと、誰でも健康被害に見舞われてしまいます。冬から春に掛けては、まだ活動が盛んに行なわれていないので強い警戒心を持っていませんが、活動が盛んになる夏から秋に掛ける時期は気をつけましょう。

キイロスズメバチの巣は、主に住宅の屋根下や公園の木に作られることが多く、人通りが多い地域であることは珍しくありません。その為、身近に危険な存在が潜んでいると言えます。1回でもキイロスズメバチに刺されてしまうと熱発するなどの健康被害に見舞われますが、何より危険なのは2回目以降です。アナフィラキシーショックという拒否反応が強く出てしまうと、死亡事故に至る可能性もあるのです。その為、どんな人であってもハチの巣に近づくことを避けましょう。キイロスズメバチの駆除は駆除を専門とする業者にしか行なえません。駆除作業時には、被害が及ばないよう頑丈な防護服に身を包み、周辺地域には駆除作業の旨を伝えて人通りを無くします。駆除中には巣から大量にハチが出てくるので、周辺に人がいると被害が拡散する恐れがあるからです。