アナフィラキシーショックについて|スズメバチ駆除の業者の選び方

電話する作業員

悩ましい症状

男性スタッフ

自宅内にはありとあらゆる害虫が潜んでいます。ダニやトコジラミもその中まで、人の血を吸って栄養にしています。これらのものが繁殖スピードを早める条件には、エサとなる虫の繁殖にあります。梅雨時期に入ると、チャタテムシという本や紙を好む虫が一気に増えます。チャタテムシ自体が人に害を及ばせることはありませんが、ダニやトコジラミがこうした虫をエサにするので、チャタテムシの数が増すと、当然のことながらダニやトコジラミも伴ってその数を増します。ダニやトコジラミの繁殖をそのままにしていると、睡眠中に噛まれる箇所がどんどん増えていき、アレルギー症状にまで至る可能性があります。

ダニやトコジラミは普段、畳の継ぎ目などに隠れているので、どんなに掃除機を掛けても1匹残さず駆除することは難しいとされています。夜になり、あたりが暗くなると活動が活発になるので寝ている間に噛んでくるのです。トコジラミ駆除を効果的に行なうのであれば、自宅内で用いられる駆除剤を使用しましょう。ホームセンターではこうした害虫駆除剤を大量に販売しています。掃除機では行き届かない細かな場所にまで駆除剤が広がるので、一度に大量のトコジラミ駆除を期待できるでしょう。

しかし、トコジラミ駆除剤の使用は1回だけだと確かな効果をもたらしません。その原因は卵にあります。繁殖を続ける為にトコジラミは卵を生み続けますが、それが孵化するまでに数週間掛かります。自宅内でトコジラミ駆除剤を散布した後は、卵から孵化した赤ちゃんを駆除する為に再度散布しましょう。こうすることで高いトコジラミ駆除効果を期待できます。2回目以降の駆除剤がなければ、孵化した赤ちゃんが繁殖をしてまた元の状態に戻る可能性があります。